ソーシャルレンディングのデメリットを考える

P2Pレンディング、P2P金融で有名なソーシャルレンディング。
今後、日本でも個人と個人のお金の貸し借りが広まりそうだと、ソーシャルレンディングに注目が集まっています。ソーシャルレンディングのメリット、デメリットがありますが、ここではソーシャルレンディングのデメリットについて書こうと思います。

ただし、サービスがスタートする前なので、ソーシャルレンディングがこんなものということを参考にデメリットを整理したものです。その点は、ご了承を。

【ソーシャルレンディングのデメリット】
・融資の数をこなし、信用度をあげてから高額融資を受け、とんずら


よくオークションで行われる手口ですね。
とにかくお金の貸し借りが行われるところには、どうしてもこうした不正を行う業者が出てきます。この業者の取り締まりがどこまで進むのかによって、ソーシャルレンディングの社会浸透も変わってくると思います。

オークションも始まる前は、個人と個人でのやりとりに問題も多々ありましたが、いまはそれも減少傾向にあるといえます。新しいサービスならば、マイナスも多いもの。徐々にいい方向に向かい、新しい金融サービスとして定着すればいいと思います。

トップ > ソーシャルレンディングのデメリット > ソーシャルレンディングのデメリットを考える

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。